スポンサーリンク

【マックスフライ】合わないのが残念、調子を上げてくれるスパイク【NIKE】

シューズレビュー

当ブログにはプロモーションが含まれています

はじめに

東京オリンピックも終わり、やる気がみなぎっている陸上選手が多くなってきているかなと思います。(この冒頭の文章を書いていたのは2021年の夏場です。笑)
ご無沙汰してます、おおけんです。

今回は、東京オリンピックの男女短距離界を席巻した、2021年4月にNIKEさんから発売された陸上短距離用スパイク【ナイキ ズーム マックスフライ】を購入して履いてみたので、レビューしていきたいと思います。

去年履いた時はしっくりこなかったこのスパイクを改めて試してみました。

マックスフライの基本情報

商品名:ナイキ エア ズーム マックスフライ

価格:22,000円(税込)

対象競技:100~400m、ハードル競技

重量:26.5cmで約162gらしい

サイズ感:合成繊維の編み込みが影響して少し細身な印象です。履いてみたら、中足部が我慢できないほどではないですがキツいです。フィット&サイズ感はナイキのJAフライ3に似ている気がします、あくまで個人的に。

ありとあらゆる情報はこの一年で出回っていますので、ここでは割愛いたします。

履いた感想

率直にかなり弾むな〜、走りやすいやん、というのが久しぶりに履いた感想です。

マックスフライが出始めた当初に試した時とはかなり感覚が異なりました。去年履いた頃は、感じたことのない履き心地、反発の仕方に困惑し、カーブを走ると外側に思いっきり振られたりと、正直合わないしもう使うことはない!っと思っていました。

しかし今回久しぶりに試し履きさせてもらって走ったら楽しくなってしまいました。

感想の通り、マックスフライはとても弾みます、まさしくトランポリンのよう(もうありとあらゆる人に言われつくしていますが)、最近は試合になると弾むことができなかったので、この弾み具合を試合で試してみたくなったので後輩に無理を言いて借りました!

実際マックスフライを履いてマイルを1本、400mを1本走ったのですが、マイルラップはかなり楽に走って47秒9、400mレースはシーズンベストとなる47秒52で走ることができました。

マックスフライを履いていきなりシーズンベストだったので流石に納得がいかないとか驚きとか複雑な気持ちです(笑)

今シーズンは前半にハムストリングスの怪我があり、そこから立て直すことが出来ずにズルズルときており、レースでは弾みながらノビノビ走ることを忘れていました。

そんな状態で履いたマックスフライなので、余計に弾む力で助力されて走ることができたかなと。

調子が上がる

マックスフライを履くと調子が上がったように錯覚できるかもしれません。

厚底の分重心が上がり、エアの反発で弾める、足が自然と前に押し出される感覚は調子が良くなるったと錯覚するには十分の変化です。

僕自身、マックスフライで走った後にメタスプリントで走っても調子いい!と思いました…(実際はタイムは出ていないので、錯覚だと思いますが。)

感覚の問題ではあるものの、調子が良くなると錯覚、実際によくなるのであればこれでいいような気もしてしまいますが、問題もあるのがマックスフライ。

カーブの問題

今回も去年もマックスフライを履いて思ったことは、カーブはどうなんだい!ってことです。

以前はカーブが外に膨れそうになったり、実際練習で曲がりきれないこともありました。

そして今回はカーブを走っている時にプレートが地面に転けるような、傾くような感覚に会いました。

慣れの問題はもちろんありますが、プレートが思った以上に傾いたりするのはやめてくれと言ったところです。今回は少しバランスが崩れたくらいで大ごとにはならなかったですが、競っている時に傾いたりしたは取り返しがつかないなーって感じています。

まあ、これも含めてマックスフライの圧倒的な性能の代償かもしれませんね。

耐久性

カーボン縦割れ?
カーボン縦割れ?ささくれ?

マックスフライとは切っても切れないのがパンク問題です。

人によって、個体によってパンクし易さがあり一概には言えませんが、パンクの恐怖と戦うのと、予備を用意しておくのは品薄のスパイクではなかなか難しいなと思うと同時に、パンクしないマックスフライを作って欲しい、もう少し購入しやすくしてくれ…、と切実に願います。

また、今回レースの後にパンクしていないかを確認していたときに気づいたのですが、カーボンプレートに縦向きに割れ目がありました。

え、こんなに簡単にカーボン?って割れるん?って驚きました。

のちに知りましたが、よくあること&断裂じゃなければ特に問題はないことを知りましたが…。それでもこのカーボンのささくれでエアーを築けるとパンクするらしいので、ささくれは剥きました(笑)

常用しているメタスプリントでは1年半履いていて初めてヒビが確認できたくらいなので、耐久性のの差が気になるところではありますが、思想が別物なのでそこは気にしてはいけませんねきっと。

まとめ

今回マックスフライを1年ぶりに試してみましたが、結局何を履いても速い人は速いから、気にしすぎないことの方が大事なんじゃないかと思い直しました。

まだ出ていない各社の厚底スパイクにも期待しながらあまり気にしすぎないように、スパイクよりも自分の力を向上していこうと思いますし、皆さんも一緒に自分自身を向上させていきましょう!

それでは今日はこの辺で。

おおけん

コメント

タイトルとURLをコピーしました